クレジットカードが利用停止に!?安全に現金化する方法

クレジットカードが利用停止に!?安全に現金化する方法

HOME » トラブル回避法 » クレジットカードが利用停止に!?安全に現金化する方法

クレジットカードの現金化をスムーズに行うために、利用停止にならないようクレジットカードの取り扱いについて解説したいと思います。
クレジットカード現金化よるカードの利用停止とは、個人が転売をして現金化を繰り返したことが発覚することで、クレジットカード会社の判断により、クレジットカードが使えなることです。

カード会社は、規約に基づいて利用者と契約を結んでクレジットカードを発行します。
発行されたカードの使い道は利用者の自己責任なのですが、規約に反する行為がバレると利用停止になってしまいます。
では利用停止にならないためにはどういう風に現金化をするといいのでしょうか?

それは、やはり専門の業者に任せた方がいいということです。
自分で現金化をやろうとすると、換金率も低くて損だし、バレた時にクレジットカードが使えなくなります。
専門の現金化業者に依頼した場合、換金スピードも早いです。
業者のWEBサイト上で商品を買い取りますのでスムーズに換金ができます。
WEB上で大々的に宣伝しているような業者だと、大体のところが即日に現金化してくれるところばかりです。
現金化することで、クレジットカードが利用停止になるようなことも無いので、安心して任せられます。

とはいえ、初めてクレジットカード現金化をやる人は、どの業者にしようか迷うものかと思われます。
そういう時は、ネット検索でいくつか業者をピックアップして、換金率やサービス、キャンペーンを比較してみるといいでしょう。
利用した人の口コミから評判も判りますので、安心して現金化業者を選べるでしょう。

優良なクレジットカード現金化業者は換金率も高いので、自分で現金化するよりもメリットが大きいです。
例えば、あるAという業者では、換金率がキャンペーン時に9割を超えて提供されています。
9割の換金率は、相場から見てもかなり高い設定です。
相場は大体安いところで7割、高いところで8割だそうです。
物によっては1割違うだけで、結構な差額になるので、業者を選ぶ際の換金率の比較は慎重にやった方がいいでしょう。