クレジットカード現金化で騙されない対策法

クレジットカード現金化で騙されない対策法

HOME » トラブル回避法 » クレジットカード現金化で騙されない対策法

クレジットカード現金化で、悪徳業者に騙されないための対処法についてお話します。
まず大事なのは、悪徳業者がどういう手口を使って騙してくるのか?を情報収集するといいでしょう。
情報収集の仕方は、ネットで業者を比較してみるのが一番です。

比較する際に見るべきポイントは、換金率や口コミ評判など。
換金率がよその業者と比べて著しく低いところは、そもそも取引対象から外した方がいいでしょう。
そこと取引をしなくても、換金率が高い業者はたくさんあります。
取引後に約束と違った換金率で、現金を振り込んでくる業者も怪しいです。
次からは取引をしないほうがいいでしょう。
あとは、携帯電話しか窓口が無い闇業者との取引はしないよう気をつけてください。
そういうモグリの業者には、まともな運営をしている業者がほとんどいませんので、闇金同様に注意が必要です。

過去の現金化トラブルに関するニュースを調べて、悪徳業者の特徴を知るのも一つの方法かと思われます。
詐欺的な手口としては、換金率をさまざまな言い訳をつけて下げてしまうやり方です。
例えば、審査手数料という各目で、換金手数料に上乗せして徴収してみたり、そこにさらに事務手数料という各目で手数料を上乗せするような手口。
こういう手口をやられると、結局のところ手元に渡された現金がかなり少ない金額になってしまいます。
かなり悪質なやり方です。

こういう被害を避けるために、あらかじめ手数料についてしっかり聞いておくことが大事でしょう。
換金手数料しかかからないと言えば、それ以外に手数料が掛かった場合は詐欺になります。
業者側に後から手数料の理由をつけさせないやり方を、こちらが先手を打ってやるべきなのです。

ただ、そういうトラブルに巻き込まれる前に十分にリサーチして、業者を選別することが大事。
今はスマホがありますので、ネット検索がしやすい環境になりました。
たくさん調べて、優良なクレジットカード現金化業者を見つけるようにしましょう。