クレジットカード現金化にまつわる”詐欺”業者の特長

クレジットカード現金化にまつわる”詐欺”業者の特長

HOME » トラブル回避法 » クレジットカード現金化にまつわる”詐欺”業者の特長

クレジットカード現金化業者には、優良業者と悪徳業者があります。
現金化で詐欺に遭った人は、現金化業者選びを利用者自身が間違えたのです。
まずは騙されないための下調べが大事。

詐欺に遭わない為には、詐欺の手法を知ることです。
まず一般的なクレジットカード現金化は、商品の売買を前提にしています。
クレジットカードのショッツピン粋で買った商品を現金化業者が買い取り、利用者は現金を受け取る仕組み。
現金化業者は、買い取り金額から手数料を差し引いて利用者に現金を渡します。
その手数料の金額が、利用者に表示している金額より多く現金化業者が受け取っているとすれば、これは・をついているのだから詐欺になります。
悪徳業者がよくやるピンハネ手法ですね。
他にも現金化による詐欺のやり方の一つとして、現金化業者の指示で商品を買わせて、クレジットカード決済しているのに現金が振り込まれない……。
こういうケースでは、あからさまな詐欺として事件化することもあります。

悪徳業者は、ネットの口コミなどすぐに情報が拡散します。
ですから広告というのは大々的に打っていない可能性が高く、単身者世帯のマンションへのチラシ投函などでモグリ営業をやっているケースがほとんど。
そういう業者とは関わらないよう、これから現金化をしようと考えている人は事前調査が必要です。
現金化業者には、長年にわたり実績を積んだ優良業者もいますので安心して利用してください。

現金化業者が持つ"古物商免許"にも注目するといいです。
クレジットカード現金化の時に買取した商品は、中古品になります。
中古品の売買には、古物商の資格がいります。
現金化業者は、中古品も扱っていますので古物商の資格は義務付けられています。
資格をきちんと持つ業者は、詐欺業者である可能性が低く心配が少ないです。
現金化業者の優良店には、古物商許可証を、すぐ見える所へ掲載する事が法律で定められています。
ネットで現金化をしている業者に関しても、サイト上に古物商の免許の提示が義務付けられていますので、利用者はそこを確認するべきです。
古物商の免許の有無は、優良な現金化業者を選ぶ時の参考になりますね。
クレジットカードの現金化は、優良店を探しよく調べてから取引をしましょう。