クレジットカード現金化の換金率相場

クレジットカード現金化の換金率相場

HOME » トラブル回避法 » クレジットカード現金化の換金率相場

クレジットカード現金化サービスをチェックするとよく見かける換金率という言葉。
この換金率とは一体何を表しているのでしょうか?
換金というのは、品物をお金に変える事を換金と言います。
クレジットカード現金化サービスの換金率とは、ショッツピング粋で買った商品の買い取り金額の高さのことを換金率といいます。
換金率が高いほど、商品の購入金額と買い取り金額の差額が少なく、購入金額により近い金額で買い取りをしてもらったことになります。

そもそもクレジットカード現金化の仕組みは、利用者がクレジットカードのショッツピング粋を使って商品を買い、その商品を現金業者が買い取りお金に換金するシステムです。
利用者がショッツピング粋で買い物した金額から、現金化業者が渡す金額を差し引いた分が業者の手数料になります。
換金率が低ければ低い程、現金化業者の取り分が多いことになります。

現金化業者を利用する人は、当然高い換金率を望んでいます。
しかし、現金化業者も店舗費用や人件費などに経費がかかりますので、換金率の相場は大体75%から83%位でしょう。
中には90%の換金率で振り込んでくれるキャンペーンをやっている業者もあります。
相場と比べて、著しく換金率が低い業者や、最初の提示率とは違う金額の換金になるような業者には注意が必要です。
換金率は、クレジットカード現金化業者を選ぶの際の、チェックポイントの一つだと言っても過言ではありません。

注意したいのは、利用者自らがお店に足を運び、換金性の高い商品をクレジットカードのショッツピング粋で買う行為です。
購入したものを店舗型の現金化業者に頼んで現金化してもらうケース。
本来クレジットカードの現金化目的の転売行為はクレジットカード会社が認めていませんので、バレると場合によってはクレジットカードを停止されることもあります。
そうならないよう安全な方法としては、ネット店舗型の現金化業者を利用して、サイト上から商品を購入して換金してもらう方法です。
その方法なら、クレジットカード会社に発覚してしまう可能性が少ないため、安全にショッピング枠の現金化をすることができます。