クレジットカード現金化は個人情報は守られるの?

クレジットカード現金化は個人情報は守られるの?

HOME » トラブル回避法 » クレジットカード現金化は個人情報は守られるの?

クレジットカード現金化を業者に依頼する時に、気になるのが"個人情報の保護"についてです。
ここでいう個人情報とは、クレジットカードから分かる個人の名前、誕生日、住所などの情報です。
このような個人のプライバシーは、流出しないよう守られなければなりません。

クレジットカード現金化では、一旦クレジットカードを使って現金化業者のサイトから商品を購入します。
その際に、個人情報流出がないよう、業者側はセキュリティーに気をつける必要があります。
特に、悪徳業者には気をつけてください。
悪徳業者の中には、クレジットカードや免許証を預かると言ってくるところもあるようです。
現金化業者との取引では、名前、住所、年齢、電話番号など本人確認の為に必要ですが、クレジットカード自体を郵送したり預けたりする必要はありません。
クレジットカードや各種証明書の原本の提出を求めてくる業者は、怪しいと考えていいでしょう。
本来、現金化業者は商品の買取するだけなので、本人確認できるものがあれば現金化ができます。

クレジットカードの個人情報が流出すると、自分で買っていない商品の代金の請求書が送られてきたり、クレジットカードの個人情報を売られる可能性もあります。
個人情報が流出している事実があれば、クレジットカード会社にカードの紛失届けを出しましょう。

優良店のクレジットカード現金化業者は、個人情報が流出すれば利用者からの信用が無くなり営業が出来なくなりますから、セキュリティーにはかなり気を使っています。
例えば、サイト経由でハッキングされて情報が漏れないよう、内部管理にお金を掛けていますし、顧客の名簿が裏で売買されるようなことはありません。

では、どの業者が優良なのか?については、ネット検索して大手の業者を探すとすぐに見つかります。
WEB上にきちんとしたホームページをUPしている業者は、ユーザーの利用実績も多く、信頼性が高いです。
色んな業者を比べてみて、「これは安心できるな」と感じたところと取引をするよう心掛けるといいでしょう。