クレジットカード現金化は借用書契約が必要?

クレジットカード現金化は借用書契約が必要?

HOME » トラブル回避法 » クレジットカード現金化は借用書契約が必要?

クレジットカード会社にカードの発行を依頼する時には契約書を書きますが、クレジットカード現金化業者に依頼をする時には契約書は不要です。
クレジットカードの現金化は、借用書のような契約はありません。
あくまでも現金化業者は、利用者がクレジットカード粋で商品を買い、その商品を業者が買取り現金化すると言う方法をとっているだけなので、お金の貸し借りではないのです。

現金化業者と利用者による借用書は要りませんが、何かトラブルあった時などには取引に記載されたものが必要な場合もありますので、カードの使用明細書は保管する事が肝心です。
クレジットカード現金化は、保有しているクレジットカードで、業者のサイトを通してサイト上で商品を買います。
サイト上には利用規約のようなものが明記されていますので、ユーザーが現金化を依頼すれば、その規約を理解した上で"売買契約"が結ばれたものとされます。

注意したいのは、規約も明記していないモグリの業者です。
ポストに投函されている「すぐ現金化できます!」といった携帯番号を書いてあるようなチラシには要注意。
闇金が違法に運営しているところである可能性が高いので、そういった業者は利用しない方が安全でしょう。
聞いてた話と違っていたり、かなり低い還元率で現金が振り込まれて騙されてしまう。
もしくは、約束の日に現金が振り込まれないなどのトラブルもあるようです。

そのようなトラブルに巻き込まれないよう、問題が起きた時のために、証明出来るメールもしくはやり取りが判る証拠を残しておくといいでしょう。
悪徳な方の現金化業者に騙されないよう、備えあれば憂いなしです。

一番安心なのは、ネットにきちんとホームページを上げていて、会社の所在地を明記している業者です。
会社の情報が明記されているということは、何かあったら通報されるという責任を負っていますので、正しい営業をやっている可能性が高いと考えられます。
ネットの口コミなども参考にして、安全に取引ができる業者を選ぶようにしましょう。