クレジットカード現金化”悪徳業者”の見抜き方

クレジットカード現金化”悪徳業者”の見抜き方

HOME » トラブル回避法 » クレジットカード現金化”悪徳業者”の見抜き方

クレジットカードのショッピング枠を現金化するには、プロの現金化業者に依頼した方が安心です。
しかし、クレジットカード現金化業者の中には一部悪徳業者も混ざっていますので、ユーザー自身に見分けられる目が必要になってきます。
どこを見て悪徳業者だと判断すればいいのでしょうか?

先ず現金化業者に依頼する手順から考えてみましょう。
最初に電話で確認します。
かけた電話番号がNTT取り付けの固定電話機で、電話に出た現金化業者が業者名を言って対応しているか否かでも判断材料になります。
チラシにあるような携帯電話しかない業者とは取引しない方がいいです。
無店舗サイト無しの闇業者である可能性が高いからです。

次に現金化業者が営業している所在地や所有資格を確認します。
古物商の資格や代表者名が記載されてる会社の内容を提示しているかのリサーチですね。
相手側が闇業者である場合、古物商の資格はおろか、代表者の氏名も公開していないところが多いです。
そういうところは闇金が営業している可能性が高いため、取引をしてはいけません。
クレジットカードや個人情報を提示しないよう注意する必要があります。

あとは、営業年数を見るといいです。
開業してから今までの営業年数が長ければ長い程、利用者も多く信頼性があります。
いわゆるリピーターというお客さんがついている業者は、優良なクレジットカード現金化業者です。

業者が優良かどうかを確かめるには、可能であれば実際に店舗を確認するのが一番でしょう。
業者が店舗型であればそのクレジットカード現金化業者と取引する前に、店舗に足を運んで見るといいでしょう。
自分の目で見て判断する事が、悪徳業者を避けられる第一歩です。

現金化業者との取引過程でも悪徳業者かどうかを判断出来る事もあります。
現金化業者がクレジットカード番号や暗証番号など聞いたりしてきても、それに応じる必要ありません。
本来なら伝える必要のない"暗証番号などの個人情報"を知りたがる業者は、悪徳業者の可能性が高いため、取引をしない方が無難です。
このように、悪徳業者に遭遇しないための業者選びは最も大事なことだといえるでしょう。