クレジットカード現金化業者が”告発”された事件

クレジットカード現金化業者が”告発”された事件

HOME » トラブル回避法 » クレジットカード現金化業者が”告発”された事件

クレジットカード現金化業者の中には優良な業者と悪徳な業者が居ます。
今回は、国税局に告発された悪徳な業者のお話をします。
約4000万円を脱税した容疑で逮捕されたこの悪徳な業者は、クレジットカードでビー玉などの安価な品物を高い金額で買わせていたといいます。
この業者を経営していた男は、さらに1億3000万円以上の所得を隠していたとのこと。

クレジットカードでビー玉を買わせるなんて、ありえないほど悪質ですね。
こういう業者に当たらないよう、優良なクレジットカード現金化業者を見つけなければなりません。
ではどうやって、優良営業をしている業者を見つければいいのでしょうか?

その方法はこういう悪徳な業者に関する記事をくまなく調べることです。
今回のようにビー玉を買わせるようなやり方を知っていれば、同じようなことをやっている業者に遭遇した時には依頼を回避できます。
経験が一番、自分の身を守ってくれるということですね。
実際に、詐欺のような業者に何度も遭遇して傷つきながら目を肥やしていくわけにはいけませんから、せめてネットで悪徳業者の情報を収集するわけです。
それをやるだけでも、見分ける目がかなり育ちます。
逮捕された業者がどんなやり口を行っていたのか?
どういう詐欺的な現金化をやっていたのか?などを調べていくと、そういうサービスを見かけた時には、一目で分かるようになります。
見る目が備わって敏感になるわけですね。

もう一つの方法としては、高額の現金化を最初から依頼しないことです。
少額の依頼からまずは試してみて、怪しいところがあれば速やかに逃げましょう。
向こうが勧誘してくるかもしれませんが、無視すれば大丈夫です。
ただ、この方法、一旦はクレジットカードの情報を入力することになるため、個人情報が流れるリスクがあります。

ですから、やはり一番安全なやり方は、事前調査で悪徳業者のやり口を隅々まで調べておく方法ではないでしょうか。
とにかく、これまでクレジットカードの現金化をやったことが無い人は、慎重に調べてからやるようにしましょう。